本記事では、アドセンス収益アップに必要な6つの施策をまとめました。

ブログを一生懸命書いているにも関わらず一向にアドセンス収益を1,000円、10,000円と超えていかないのにはきちんとした理由があります。その理由を知り実践していくことで、あなたのアドセンス収益も右肩上がりに伸びていくはずです。

アドセンス収益アップ6つの施策

【1】PV数をアップさせる

Googleアドセンスをすでに扱っている方ならわかると思いますが、アドセンスは「クリック報酬型広告」の一つです。クリック報酬型広告とは、クリックされる度に10円~30円程度の報酬が発生する仕組みです。

つまり、クリックされればされるほどアドセンスの収益も伸びます。ではクリックしてもらうにはどうすればいいのでしょうか。答えは単純明快、PV数をアップさせることです。

もちろんアドセンス広告を自分でクリックしてはいけないので、自分のブログに訪れたユーザーに広告を踏んでもらうしかありません。ですので、アドセンス収益をアップさせるには絶対にPV数のアップも必要となってくるのです。

一般的に言われているのが、100人に1人のユーザーがアドセンス広告をクリックしてくれるということです。では1日100回クリックされるには何人のユーザーがブログに訪れなければいけないかと言うと、約10,000人、つまりは1日10,000PVの集客が必要となります。

PV数をアップさせるには、あなたのブログ記事が検索順位の上位表示、そして需要のあるネタと正しいキーワード選定によって底上げされます。まずPV数をアップさせるために、ネタ選定と正しいキーワード選定を学ぶ必要があります。

【2】最後まで読まれる記事を作る

アドセンス広告の基本的な配置は、記事上に1~2枚、記事の最後に1~2枚でしょう。

ここであなたに考えてほしいのは、最後まで読まれるブログと途中でユーザーが離脱してしまうブログではどちらがアドセンス広告をクリックされやすいでしょうか。

ずばり、最後まで読まれるブログです。

なぜならば、単純にアドセンスをクリックしてもらう機会が2倍になるからです。記事を最後まで読んだユーザーの行動は、「この記事は役だったな。とりあえずもう調べ物も解決したし別の事をするか。」もしくは「別の記事も読んでみよう。」どちらかのアクションを取ります。

どちらにせよ、離脱するとき少し広告が気になるからクリックしてみようと思う確率はグッと上がります。

ですのであなたがやらなければいけないことは、ユーザーに最後まで読まれる記事を書くことです。最後まで読まれるには、正しい情報、詳しい内容を読者に伝えて記事に満足してもらう必要があります。その時に日本語がめちゃくちゃだったり、読むに堪えない誤字脱字が多すぎると、ユーザーはあっという間に離脱してしまいます。

まずは最後まで読まれる記事の初歩として、誤字脱字はないか、日本語はおかしくないかをチェックする癖をつけましょう。

【3】ブログのジャンルを絞り広告単価をアップさせる

Googleアドセンスの仕組みはクリック報酬型広告だと言いましたが、他にも特徴があります。その特徴とは、アドセンスを貼っている記事やサイトに合わせて広告の表示を変えることや、そのユーザーに合った広告を表示させることです。

アドセンス収益が増えない原因の一つとして、あなたのブログのジャンルが定まっていないことがあります。言ってしまえば、どんなジャンルも取り扱うごちゃまぜブログの可能性が高いです。

ジャンルがある程度決まっているブログだと、アドセンス広告はそのサイトに最適化されて同ジャンルの広告を配信するようになります。そしてそのジャンルを取り扱っているブログに来るユーザーは、どのような属性をもっているのか考えてみましょう。

つまり、そのジャンルに興味がある、そのジャンルに関して何か解決したいことがある、という属性を兼ね備えています。その際、自分のサイトに貼ってあるGoogleアドセンスが最適化されていると、そのジャンルに興味があるユーザーなので広告をクリックする確率が上がるのです。

ブログのジャンルを絞ってアドセンスで稼いでいくメリットは、今回例として挙げた広告の最適化です。また、ジャンルによっては1クリック当たりの単価が非常に高いものもあるので、それに最適化されていると、少ないクリックでもアドセンス収益を大幅にアップさせることができます。

【4】アドセンスの貼り方を変えクリック率を上げる

アドセンスの貼り方によってクリック率も変わってきます。また、ユーザー心理的にはおすすめできるアドセンスの貼り方があります。

上記が一般的なアドセンス配置です。パソコン版はh2の見出し前にアドセンスを1~2枚、そしてメインコンテンツの最後にアドセンスを2枚という配置に。スマホ版はタイトルの上もしくはh2の前に1枚と、メインコンテンツの最後に1枚という形になります。

共通しているのは、メインコンテンツの最後には必ずアドセンスを入れるということです。理由は既に説明しましたが、最後までブログを読まれた場合クリックされやすいからです。

よくありがちなのが、メインコンテンツの中にアドセンス広告を挿入している人です。これはユーザーから見てもハッキリ言って「邪魔」以外の何物でもありません。真剣に記事を読んでいるときに広告が表示されたらどうでしょうか。集中力も途切れますし、うざったい、邪魔と思うのが普通です。

ユーザビリティを落としてクリックさせたとしても、すぐにページが閉じられたり元のページに戻った場合、それは誤クリックと見なされるのでそもそも報酬が入らない、もしくは5円、3円という単価になってしまいます。

ですので当サイトでは、メインコンテンツの中にアドセンス広告を入れることを推奨していません。ユーザーに好まれるブログを作っていきましょう。

【5】アドセンス広告の種類を変える

広告の種類を意識したはことはあるでしょうか。

実は広告の種類でアドセンスの単価も変わってきます。一般的に多くのサイトで使われているアドセンスの種類は次の通りです。

  • レクタングル 大:336×280
  • レクタングル 中:300×250
  • レスポンシブ:幅に合わせた広告表示

大抵の方はレクタングル広告を利用していると思いますが、PCとスマホでこの2つの広告を使い分けているでしょうか。経験則や様々なブログアフィリエイターからの話を統合すると、実はレクタングル大のほうが広告単価は高いのです。

ですので、PCにはレクタングル大、スマホにはレクタングル中と使い分けるのがベターです。中にはスマホにレクタングル大のアドセンス広告を貼る方もいますが、スマホ機種によっては横幅が大きすぎて画面外にはみ出してしまうため、スマホ版にはレクタングル中を使うようにしてください。

Googleはモバイルフレンドリーを推奨しており、スマホに最適化されていないサイトは評価が落ちます。欲張りをして評価を落とすのはもったいないことなので、PCは大、スマホは中と厳守しましょう。

【6】アドセンス広告のデザインを変える

アドセンス広告のデザインを意識したことはあるでしょうか。

実はアドセンス広告はテキスト広告の場合文字の色や枠の色など、スタイルを変更することができます。その際に広告が目立つような配色にしたり、目に留まりやすいデザインにするとクリック率がアップすることがあります。

ただし、ブログのデザインと大きく離れた配色にするのはおすすめしません。アドセンスとブログの配色が自然と馴染むようなデザインにしましょう。

PV数とアドセンス収益の目安

アドセンス収益がなかなか増えない人の中には、10万円稼ぐにはどの程度のPV数が欲しいのか気になる方も少なからずいるはず。

そこで一般的に言われているPV数とアドセンス収益の目安を簡単にご紹介します。

  • 5万円:17~20万PV
  • 10万円:30万~35万PV
  • 20万円:64万PV~70万PV
  • 30万円:95万~105万PV

大体の目安は上記の通りです。ブログのジャンルによってはこれよりPV数が多くないと10万円稼げなかったり、もしくは25万PVで10万円達成できたりします。ごちゃまぜブログを運用している方は、アドセンス単価がどうしても低くなりがちですので、もう少しPV数をアップさせたいところです。

筆者の2016年~2017年アドセンス収益推移

筆者は2016年8月末頃からブログを作り始めました。そして、ブログ開始から2017年末までにどのようにアドセンス収益が推移していったかをまとめました。

まずは表で見てみましょう。私の場合は順調に右肩上がりというわけではなく、一時期アドセンス収益が増えない時期がありました。

2016年8月:0円
2016年9月:9,250円
2016年10月:42,942円
2016年11月:58,805円
2016年12月:215,687円
2017年1月:212,062円
2017年2月:209,611円
2017年3月:229,810円
2017年4月:198,027円
2017年5月:170,037円
2017年6月:201,924円
2017年7月:218,003円
2017年8月:317,174円
2017年9月:390,642円
2017年10月:327,196円
2017年11月:372,896円
2017年12月:659,178円

実際の収益は上記通りです。

一度2016年12月にアドセンス収益が20万円までアップしましたが、その後は2017年7月くらいまでほとんど増えない、むしろ報酬が下がってしまうこともありました。

この停滞期に私は「なぜアドセンス収益が伸びないのか」についてひたすら悩みながら試行錯誤を繰り返していました。そしてその試行錯誤の結果、ようやく一つの答えにたどり着き、2017年8月からは一気にアドセンス収益がアップしました。

おそらくブログを作っていく過程で、誰しもがこのようにアドセンス収益が増えない期間を体験することとなります。そこでいかに諦めずチャレンジしていくか、自分のブログには何が足りないのかを考えられるようになると、一気にブレイクチャンスは訪れます。

アドセンス収益アップ施策-まとめ

以上、アドセンス収益アップに必要な6つの施策についてのまとめでした。

ブログは1日してならず。すぐに結果がでるものではありません。根気よく思考を巡らせながら作っていくことであなたのブログも成長していきます。

焦ってしまう気持ちはわかりますが、まずは1年間、最低半年でも良いのでブログを継続していきましょう。