どうも、カワハラです。

前回までの記事でレンタルサーバーを契約して、ワードプレスを設定するところまで行いました。詳しくは下記記事をご覧ください。

今回は前回からの続きで、ワードプレスをインストールした後にやっておきたい初期設定や、おすすめテーマを紹介します。特に今回紹介するパーマリンクは慎重に決めて下さい。あとから変更すると色々な不利益がでてきますので。

今回の作業内容

まず始めに、今回の記事で紹介するものをまとめました。

  • ワードプレステーマのインストール
  • 初期設定
  • パーマリンクの設定

今回はこの3つを中心に説明していきます。

ワードプレステーマのインストール

まずはさてより、ワードプレステーマのインストールをしないと始まりません。このテーマは無料で配布されていたり、有料で購入するものまで存在します。長く運営していくつもりで、デザインがカッコイイテーマが欲しいのであれば有料のテーマを購入することをおすすめします。

私がおすすめするのは次のテーマです。

無料

  • Simplicity
  • Stinger
  • マテリアル

有料

  • STORK
  • ハミングバード
  • 賢威

有料と無料で分けてみました。私が最初に使っていたテーマは無料のSimplicityです。ただ、現在はほぼすべてのブログを有料テーマに変更しました。その中で使っているのはSTORKやハミングバード、そしてSEO対策がしっかり施されていると言われている賢威です。

テーマについてはコチラの記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

ではワードプレスのテーマが決まったらインストールしてみましょう、左のサイドバーから【デザイン > テーマ】をクリックしてください。

そうしたら、【新規追加 > テーマのアップロード】をクリックして、ワードプレステーマをアップロードしてください。そして最後に、『有効化』を押してテーマのインストールは完了です。

ワードプレスの初期設定

次はワードプレスの初期設定をしましょう。ブログのタイトル名や、キャッチフレーズなどを決めたりしますので、ここは最初にやっておきましょう。【設定 > 一般】をクリックしてください。

タイトルはワードプレスインストール時に設定したと思いますが、キャッチフレーズは決めていないので、デフォルトでワードプレス側が定めたワードが入っています。ですので、ブログの属性に合わせてここは変更しましょう。私のこのブログでしたら、「わずか2ヶ月で20万円を稼いだ方法」、「100万以上の投資をして全く稼げなかった管理人が稼げるようになった方法」など考えられますね。

次は、コメントまわりの初期設定です。ここはコメント欄を開放する人は設定しなくてもいいですが、キュレーションっぽいオウンドメディアを作成したい人はコメント欄を表示したくない人もいると思います。ですので、最初からコメント欄を未開放にしましょう。【設定 > ディスカッション】をクリックしてください。

すると、最初の方に投稿のデフォルト設定があります。コメント欄をオフにするには、『新しい投稿へのコメントを許可する』のチェックを外してください。また、ピンバックやトラックバックもいらないという人は、真ん中のチェックを外してください。これでコメントまわりの設定は完了です。

あとは、ウィジェットやテーマのカスタマイズなどで、サイドバーに表示するウィジェットを設定したりしましょう。

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定は最重要です!

このパーマリンク設定が非常に厄介で、デフォルトだと「●●.com/?p=120」って感じで表示されると思います。パーマリンクというのは、この部分の「?p=120」という部分で、ここの設定をしたほうが一般的にはSEO対策となると言われています。

では、【設定 >パーマリンク設定】を開いてください。すると、一番下に『カスタム構造』というのがありますので、ここにチェックをいれてください。

↑デフォルトだとこんなカスタム構造になっています。↑

で、このパーマリンクを変更するのですが、SEOに良い言われているパターンはいくつかあります。その中で私が推奨しているのはコチラです。

  • /投稿名
  • /カテゴリ名/投稿名

この2つが最もSEOに良いと言われています。ですがここで考えてもらいたいのは、投稿名だと日本語のURLになってしまうことです。実際に記事を新規投稿しようとすると、このようなURLになってしまいます。

パーマリンクがタイトル名となり、検索エンジン上よろしくありません。ですが、投稿名がパーマリンクとしていいと言われているのは、自分でパーマリンクを自由に編集できるからです。言ってしまえば、英単語のキーワードをこのパーマリンクとして設定できるのです。例えば、このタイトルでしたら、このようにパーマリンクを修正してあげればよいです。

このように変更してあげればスッキリしませんか?もし、パーマリンクが他の記事と被ってしまっても、パーマリンクの後ろに「-番号」という感じで、ナンバリングされるので被っても大丈夫です。

カテゴリ名をURLに入れる時は、カテゴリ名のスラッグを必ず英単語にして設定しましょう。日本語名だと先ほどのようにURLがめちゃくちゃになります。

では、それぞれどのようにパーマリンク設定でカスタム構造に入力してあげればいいかと言うと、以下のように設定してあげれば大丈夫です。

  •  /%postname%
  •  /%category%/%postname%

これで設定できるようになります。もし、毎度毎度設定するのは面倒だ!と言う人は、記事のIDが表示されるように設定してあげましょう。1日4記事更新するようなメディアだと記事IDをパーマリンクに設定してあげている所が多いですね。

  • /%post_id%

これでOKです!

私もこのブログと、1日2~3記事更新するようなオウンドメディアはこのようにパーマリンクを付けています。ただ、1日1記事、アドセンスだけではなく物販もしていきたいのであれば、投稿名で設定してあげた方が経験上良かったです。

パーマリンクは後から変更しようと思うと大変です。理由は、既に記事が検索エンジンにインデックスされていると、パーマリンクを変更した際に404エラーとなります。

404エラーになると、もちろんPV数も滞在時間も短くなってしまい、ブログの評価がガタ落ちします。ですので、変更する際はリダイレクトなどを使うのですが、記事数が100本くらい超えてくるとめちゃくちゃ大変です。なので、パーマリンクはなるべく初期に設定したままで行きましょう。

パーマリンクの設定は慎重に!

最後に

以上が、ワードプレスの初期設定とパーマリンクの命名規則の紹介でした。

特にパーマリンクだけは慎重に決めて下さい。オススメは『投稿名』。記事数がめちゃくちゃ多いメディアなら『記事ID』に設定しましょう。