アクセスを向上させるために、キーワード選定やネタ選定も大事ですが、実際にどんなキーワードでブログに訪れているのか、どんな媒体を経由してブログにたどり着いているのかを知っているかどうかで、後々のアクセス数が変わってきます。

そこで、アクセス元を解析したり、どれだけアクセスが来ているのかを調べるために『Google Analytics』を導入する必要があります。

今回は、Google Analyticsの導入方法をご紹介します

Google Analyticsの導入方法

Google Analyticsを導入するには、Googleアカウントを事前に取得する必要があります。Googleアカウントは、メールアカウントとしても使えるので1個は持っておいても損にはなりません。

と、言いますか、Google Adsenseを取得しているのでしたら、絶対にGoogleアカウントを持っているはずなので、そのアカウントを使っても大丈夫です。もし、まだAdsenseをとっていない場合は、下記からGoogleアカウントを作って下さい。

https://accounts.google.com/signup?hl=ja

1.Google Analyticsアカウントを取得

Googleアカウントを取得したら、Analyticsのアカウントを取得しましょう。次のページへアクセスすると、アカウントを作ることが可能です。

https://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/index.html

アクセスしましたら、『アカウント作成』をクリックしてください。

まだGoogle Analyticsの申し込みをしていないアカウントでアクセスすると、次のような画面が表示されますので、『Google アナリティクスの使用を開始』の『お申し込み』をクリックしてください。

次にやることは、アカウントの作成です。このアカウントはサイト毎に作っていくのがベターです。ちなみに、1個のGoogleアカウントで複数のアカウントを作れます。

  • アカウント名:登録するアカウントの名前。サイト名やブログのジャンル名が無難
  • ウェブサイト名:自分のサイトの名前
  • ウェブサイトのURL:自分のサイトのURLをドメイン名のみ記載
  • 業種:ブログのジャンル。ない場合はその他で。
  • レポートのタイムゾーン:日本、東京を選ぶ

後半のデータ共有設定は、任意でチェックを入れましょう。すべてチェックを入れておいて問題ありません。

最後に『トラッキングIDを取得』をクリックして、日本を選択して、『同意する』をクリックしてアナリティクスの申し込みは完了です。

2.トラッキングIDをブログorサイトに埋め込む

登録が完了したら、最後にトラッキングIDをサイトに埋め込みましょう。通常ならばheader.phpなどに埋め込むのが主流ですが、最近のワードプレスのテンプレートによっては、javascriptは埋め込まず、トラッキングIDを登録するだけでOKなテンプレートもあります。

トラッキングIDとは、『UA-××××××-×』という文字列の事を言います。

今回は、スクリプトを埋め込む方法を紹介します。先ほどの画面の下に、『<script> ~ </script>』で囲まれた文字列があると思います。そちらをコピーしてください。

次にワードプレスに戻り、【外観 >テーマの編集 > header.php】を選択。先ほどコピーしてきたスクリプトを『<head> ~ </head>』で囲まれている部分にペーストします。『</head>』の手前が一番無難かと思います。</head>の手前には、『<?php wp_head(); ?>』があることが多いので、ここの下を目安としてもOKです。

これでGoogle Analyticsの導入は完了です。翌日から、前日のアクセス数や、どのページにアクセスが集まったのかをGoogle Analyticsの管理画面から見ることが可能になります。

最後に

以上が、アクセスアップに必須なGoogle Analyticsの導入方法の解説でした。

サイト運営を開始したら真っ先に導入したいアクセス解析ツールですので、まだ導入していないという人は入れておくことを推奨します。