カワハラです。

アフィリエイトで得た報酬を受け取るためには、必ず「銀行口座」が必要となってきます。銀行口座ならなんでもいいんじゃと思われる方もいらっしゃると思いますが、やはりアフィリエイトに適した銀行口座というものがありますので、もし今からアフィリエイトを始める方は今回紹介するアフィリエイト用の銀行口座を開設してみてください。

このページでは、アフィリエイト報酬管理用のおすすめな銀行口座の紹介と、未成年ならどの口座を開設すべきかを紹介しています。

基本的にどんな銀行口座でもOKだが・・・

基本的にどの銀行口座、例えばみずほ銀行やゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行などを使ってもOKです。ですが私がアフィリエイト用におすすめしている銀行口座は「ネットバンク」です。

ネットバンクをおすすめする理由は、

  • ATMに行かなくてもお金の管理ができる
  • 契約は全てネット上でおこなえる
  • 普段使いの口座と分けることが出来る
  • 手数料が比較的安い

などという理由がありネットバンクをおすすめしています。普段使う銀行口座とは全くの別物にしたいですし、なるべく手数料が安いものを使いたいと思います。そしてばASPによっては、ネットバンクでないと振込に対応していないところもあるので、予めネットバンクを用意しておいたほうが良いです。

生活用口座とアフィリエイト用口座は分けておく

まず絶対条件!生活用口座とアフィリエイト用口座はキッチリ分けておきましょう!

なぜ生活用口座とアフィリエイト用口座を分けるのかを、主に3つのポイントを根拠に説明していきます。

1.帳簿の作成が楽になる

まずアフィリエイトを専業または副業でやっていく場合、必ずと言っていいほど確定申告をしなければならなくなります。確定申告をするには帳簿をつけなくてはいけないので、銀行口座のお金の出入りなどを逐一書き込まなければなりません。

この時にアフィリエイト専用の銀行口座を作成していると、一つにアフィリエイト収支がまとまっているので帳簿を付ける作業が非常に楽になります。逆に普段使うような銀行口座をアフィリエイトでも使っている場合は、他の収支(会社員としての給料)などとごちゃごちゃになってしまい、後々確定申告が面倒になります。

2.ASPによっては手数料が無料のネットバンクがある

ASPによってはネットバンクの手数料が無料となる銀行が存在します。これはネットバンク限定の場合がほとんどなので、なるべくアフィリエイト報酬を減らしたくない人にとっては嬉しいポイントでもあります。

また、アフィリエイトは1つのASPに絞るのではなく、4個、5個、それ以上の複数のASPを経由して報酬を受け取るのが普通です。

私は8個位のASPから毎月報酬を受け取っています。

その時に、手数料がかかる銀行口座を使っている場合複数手数料が発生してしまい、毎月数千円の損をしてしまうことになります。ですのでネットバンクを開設したほうが良いのです。

3.アフィリエイト用なので管理が楽

アフィリエイト専用の銀行口座を作成すると、他の銀行口座とごちゃごちゃにならないので管理が楽になります。アフィリエイトのために使う経費、例えばレビュー商品やドメイン代金、毎月のレンタルサーバー代や出張費など、アフィリエイトに関する事はこの口座で管理することによって、先程も説明しましたが確定申告時の帳簿の作成が非常に楽になります。

売上や支出、経費などを一目で管理できるようにするにはアフィリエイト専用口座をつくるしかありません。

銀行口座と同時に、事業用のクレジットカードも契約するともっと管理が楽になりますね。

おすすめの銀行口座は2つ

以上、アフィリエイト専用の銀行口座をおすすめしてきました。

それらを踏まえて、私がおすすめする銀行口座は次の2つになります。いずれもネットバンクになります。

1.楽天銀行

もしあなたが今後「楽天アフィリエイト」をするのでしたら絶対に作らなければならないのが「楽天銀行」です。

なぜ楽天銀行を作らなければならないかというと、「3000円以上の楽天アフィリエイト報酬を受け取る場合は、必ず楽天銀行に振り込まれるから」です。つまり楽天アフィリエイトを始めて月に3000円以上売り上げることができるようになっても、楽天銀行自体がない場合は一生アフィリエイト報酬を受け取ることが出来ない。

どうせ楽天アフィリエイトなんて売った金額の1%程度しか報酬が入らないんでしょ、作っても使わないからいいよ、と思っている方も多いのですが、楽天アフィリエイトは他のアフィリエイトと比べても報酬を得ることのハードルが非常に低いです。

その理由の一つにCookieの有効期限の長さがあります。

楽天アフィリエイトのCookieの有効期限はなんと30日です。もし、自分のブログ経由で商品クリックしてくれたけどもその日に買わなかった場合でも、30日以内に気が変わって商品を購入した場合報酬を得ることが出来るのです。塵も積もればなんとやらと言う感じで、たった1%で報酬が20円しか貰えなかったとしても、それを1000個売れば月収2万円達成です。

そういった意味でも、楽天銀行は作っておいて損はありません。

・銀行口座の開設および維持費が無料
・他行宛振込手数料が月に3回まで無料
・楽天銀行同士の振込は何回でも無料
・他行への振込や他行からの振込で楽天スーパーポイントがガンガン貯まる(ASPからの振込でも)

2.ジャパンネット銀行

ネットバンクとしては非常に有名な銀行で、24時間365日ネットで振込手続きなどが行なえます。

実際に私は最初ジャパンネット銀行を使っていましたが、やはり振込手数料や楽天ビジネスカードの関係で楽天銀行のほうが使いやすいと感じて乗り換えてしまいました。ですが、日本初のネット銀行で歴史は長いのでセキュリティ面などは非常に強固で安定しています。

・銀行口座の開設および維持費が無料
・ATM利用手数料が月1回まで無料
・振込手数料がJNB同士なら50円(税抜)

未成年はどの銀行口座を開設すべきか

未成年の場合、一部のネットバンクでは口座開設を制限しています。制限がないところでも、親の同意書などが必要になってくるところもあります。未成年の口座開設条件を有名所のネットバンクを例に挙げると次のようになっています。

銀行名 口座開設可能年齢 親の同意書の有無
楽天銀行 年齢制限なし 12歳以上は親の同意が必須/12歳以下は親が代理開設
ジャパンネット銀行 15歳以上 15歳以上なら親の同意無しで口座開設OK
住信SBIネット銀行 18歳以上 18歳以上なら親の同意なしで口座開設OK
じぶん銀行 年齢制限無し 15歳未満は親の同意が必須/15歳以上は親の同意無しで口座開設OK

基本的に楽天銀行以外は親の同意なしで口座を開設することが可能になってきます。もし自分が18歳未満でしたらジャパンネット銀行も視野に入れていいかなと思いますが、手数料の面でマイナスになるかもしれないので、やはり個人的には親の同意を貰ってでも楽天銀行を作るのが一番良い選択かなと思います。

ASPからの振込手数料比較一覧

今回紹介した「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」の主要なASPからかかる振込手数料を表にしてまとめました。この手数料を見て自分が使う予定のある、または自分が使っているASPに最適なネット銀行を選ぶのも良いかと思います。

ASP名 楽天銀行 ジャパンネット銀行 その他銀行
A8.net 540~756円 540~756円 ゆうちょ銀行:30円
三井住友銀行:108~432円
その他:540~756円
afb(アフィB) 無料 無料 無料
バリューコマース 無料 無料 無料
アクセストレード 無料 無料 無料
アドバック 無料 無料 無料
TGアフィリエイト 172~270円 無料 172~270円
もしもアフィリエイト 無料 無料 無料
TCSアフィリエイト 50円 160~250円 160~250円
JANet 無料 無料 無料
Amazonアソシエイト 300円 300円 300円
Google AdSense 無料 無料 無料

結構無料のところもありますが、楽天銀行やジャパンネット銀行の場合にのみ手数料が安くなるところもあります。

毎月の振込手数料を節約するためにも1つはネットバンクを用意しておきたいですね。

最後に

以上が、アフィリエイト報酬管理用におすすめな銀行口座の紹介と、未成年ならどの銀行口座を開設すべきかの紹介でした。

とりあえず最低限は生活用口座とアフィリエイト用口座を完全に分けて運営しましょう。

後々の確定申告を楽にするためにも、ブログアフィリエイトで必須な作業だと思って銀行口座を開設しましょう。

→ 私のおすすめは楽天銀行