カワハラです。

ワードプレスを使ってブログアフィリエイトをおこなっている方なら知っているかもしれない「PING送信」。一般的にPINGというと1秒間に何回サーバーとのやりとりができるのかを図る指標として用いられるのですが、ブログにおけるPING送信は少し意味合いが異なります。

ワードプレスブログの立ち上げ時に必ずやっておきべきこととして挙げられるPING送信ですが、一体どこにPING送信をすればいいのかがわからない人も多いはず。

そこで今回は、2018年最新版!PING送信先リストの一覧の紹介と、ワードプレスでのPING設定方法を紹介します。

PING送信とは?SEO効果は期待できるのか

PING(ピン)送信とは、自分のブログ記事を更新した際に、自動的にPINGサーバーを設置している所に記事を更新したことを送信してくれる機能です。PINGサーバーは世界中に色々存在していますが、中にはPING送信してはいけないPINGサーバーもあるので注意しましょう。

PING送信するとどうなるかと言いますと、情報を受け取ったPINGサーバーがそのサーバー独自のランキングサイトなどに記事の更新情報を乗せてくれるようになります。(絶対ではない)

PING送信のメリット

PING送信をするメリットは大きく2つあります。

  • GoogleやYahoo!の検索にインデックスさせるスピードが向上
  • 被リンク効果

GoogleやYahoo!などの検索サイトでもPINGサーバーを用意しており、これにPING送信するだけでも効果はあります。自分のブログが更新したことをGoogleに自動的に知らせてくれるのでインデックススピードが向上すると一般的には言われています。

そして、PING送信することでPINGサーバーのサイトに自分の記事の更新情報が載ったりするので、その時に被リンクを獲得することが出来ます。SEO効果という面でもPING送信はワードプレスに設定しておくのが良いです。

※ 最近はPING送信による被リンク効果はほぼないとも言われています。所謂リンク集からの低品質な被リンクが貼られてしまうため、このような事が言われているのだと思います。

PING送信で気をつけること

PING送信先をワードプレスに設定する際は、同じPING送信先を重複して登録しないようにしてください。同じPINGサーバーに重複した内容を一度に送信してしまうと、そのPINGサーバーからスパム判定を受けてしまい、受信拒否になる可能性もあるからです。

そして、短時間に何度もPING送信をしないようにしましょう。これも同じ内容のものを何度も送るとスパム判定されるからです。なので、短時間での記事修正をするときは気をつけましょう。

2018年最新版!PING送信先まとめ

2018年も使える安全なPING送信先をまとめました。これをワードプレスに設定すればOKです。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://xping.pubsub.com/ping/
http://www.blogpeople.net/ping/

また、上記以外でランキングサイトに対してPING送信することもできるので、現在機能しているランキングサイトのPING送信先も記載しておきます。こちらはお好みで登録してください。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/[登録者のID] http://blog.with2.net/ping.php/[登録者のID]/[登録者のID]

ランキングサイトのPING送信先を設定する場合は、一度そのランキングサイトにて会員登録が必要となってきます。会員登録すると登録者IDが発行されますので、それを上記URLに置換してPING送信先に設定してください。

それぞれのランキングサイトは下記となります。

PING送信先の設定方法

PING送信方法は主に2つのやり方があります。

  1. ワードプレスのデフォルト機能で設定
  2. WordPress Ping Optimizerで設定

この2つの違いは、PING設定後のエラーログや送信結果が見られるかどうかです。WordPress Ping Optimizerを使った場合は、それらを確認することができるのですが、ワードプレスのデフォルト機能だと送信結果などが返ってきません。なので、PING送信先の状態がわからないので、実は既に終了しているPINGサーバーに対してPING送信していることもあるのです。

なので私はWordPress Ping Optimizerを使うことをおすすめしています。

1.ワードプレスのデフォルト機能で設定

まずワードプレスの管理画面を開いたら、「設定」→「投稿設定」まで移動してください。移動すると、投稿設定画面の下の方に「更新情報サービス」という項目があります。

この項目には「http://rpc.pingomatic.com/」というものが入っていると思うので、これは消しちゃってください。

消した後は、上の方で紹介したPING送信先をコピペして「変更を保存」を押して完了です。

2.WordPress Ping Optimizerで設定

次にWordPress Ping Optimizerを使ってPING送信先を設定する方法を紹介します。プラグインを使うので、まずはインストールから始めましょう。

ワードプレスの管理画面を開いたら、「プラグイン」→「新規追加」→「WordPress Ping Optimizer」で検索してください。あとはインストールしてプラグインの有効化を押せばインストール完了です。

インストールが終わったらPING送信先を設定するためにプラグインの管理画面を開きます。「設定」→「WordPress Ping Optimizer」で管理画面を開くことが可能です。

管理画面を開いたら、「Separate multiple service URIs with line breaks」という項目があるので、そこにPING送信先一覧をコピペしてください。コピペしたら、「Save Settings」を押して完了です。

もし、PING送信先を今すぐチェックしたい人は「Ping Now」を押すと良いです。ただし、何度も押すとスパム扱いとなるので1回だけ送るようにしましょう。も

テストをしてみてエラーが出たら、そのPING送信先は除外するようにしてください。サービス自体が停止している可能性が高いです。

最後に

以上が、PING送信先一覧まとめとPING送信先設定方法の紹介でした。

PING自体はワードプレスを使っているのでしたら、サイトマップを作っているはずなのでそこまで大きな効果は見込めません。ですが、微々たる効果でも期待したい人はPINGの送信先を設定しておきましょう。

サイトマップの作り方やサイトマップをGoogle Search Consoleなどに登録する方法は下記にて紹介していますので参考にしてみてください。